So-net無料ブログ作成
検索選択

二次元の門 [クトゥルフ神話TRPG]

スポンサードリンク

【二次元の門】の概要

 キーパーにきのこる先生、プレイヤーにゆっくり霊夢&ゆっくり魔理沙の定番コンビに加え、マインクラフトの主人公(Mr.マイクラ)とクリーパーを招いて(という設定で)セッションが行われる。

 使用するルールブックはクトゥルフ神話TRPGおよび、クトゥルフ2010。
 ハウスルールとしてプレイヤーは二人ずつキャラクターを作成、一般市民タイプと特殊市民タイプを受け持つことになる。PTを一般市民と特殊市民で別々に組むことで異なる展開を演出するのが目的である。ぼっちプレイを楽しもうとした結果などと言ってはいけない。
一般市民タイプ:『15以上は振りなおし、14以下は確定』 もしかして:どうあがいても、絶望
特殊市民タイプ:『14以下は振りなおし、15以上は確定』

 この他、逮捕術や夢見といったオリジナル技能の追加があり、クリティカルやファンブルは展開が面白くなるようなら採用といったスタンスをとっている。ダイスロールの機会は全体的に多めである。
夢見:幻夢境に出入りすることで追加される。初期技能値は精神(POW)と同値となる。

 余談だが、うp主は物書きの仕事をしているらしく、こなれた文章や台詞回しは無能ではないと好評である。また、心優しいコメントが美少女に見えるようになり、すっかりネト充になったとか。オンセの見学も躊躇していたようだが、今では実際にオンセを楽しんでいるようだ。

あらすじ

物語は公園から始まり、『血だまり残骸事件』の噂話が流れる中、奇妙な親子が現れるところから始まる。
開幕から容赦のない惨劇が探索者(一般市民タイプ)を襲う。
参考:テストプレイでは開幕から脱落者続出の展開だったらしい。

世界観の補足

作中の世界では、現実と同じくクトゥルフ神話は存在し、TRPGのセッションも行われている。
そのため、クトゥルフ神話に関する簡易な知識もロール次第で情報として獲得が可能(≠クトゥルフ神話技能)。

(ニコニコ大百科より)


二次元の門 Part1~4

二次元の門 Part5~8

二次元の門 Part9~12

二次元の門 Part13~14

スポンサードリンク


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。